WECO BASE MINORITY REPORT

Just another WECO BASE site

*

色彩コントロール

      2013/07/20

色だけにいろいろ…なんつって…

意味不明な冒頭から始まりました(笑)今日は色彩の持つ効果について!!

世代によって若干の違いはありますが…特定の色を好む人にはある傾向が見られます。

ホワイト…潔癖・真面目・理想

ブラック…頑固・孤高・孤独

ブラウン…協調性・安心感・安定感

ブルー…知的・冷静・冷淡・自立心

グリーン…親愛・平和・現実主義

イエロー…快活・好奇心旺盛・野心家

オレンジ…陽気・嫉妬深い・社交的・人気者

レッド…情熱的・積極的・闘争

ピンク…愛情・ナイーブ・繊細

ヴァイオレット…高貴・神秘的・官能的

もちろん統計的なものだし、ポジティブなイメージ・ネガティブなイメージ…ここに書ききれないことも多くあります…また必ずしも誰もが当てはまることではないのですが…

よ~っく思い出してください…お客様が選ぶ色と性格…何となく当てはまりませんか?

別にお客様じゃなくてもいいです…

例えば店内の色…お店のコンセプトに合ってることが多いですよね?

他業種でも構いません…エステサロン・アパレル・雑貨屋・パチンコ・居酒屋・クラブ・バー・病院・遊園地などなど…

個人店だとオーナーの性格がよく分かるポイントでもあるのですが^^

まぁ、色によってある程度把握できることもあるってことです♪

 で、色と性格の傾向を知った上でストックスピールを交えてお客様の性格診断をして場を盛り上げるには10代のお客様には面白いかもしれませんが…

 

 今回、僕が一つ提案するのは従来のパーソナルカラーで似合わせるのでは無く、なりたいイメージ(性格)カラーでの似合わせです。

普通パーソナルカラーでは瞳・唇・肌の明度や色味などから導き出して、お客様には特定の色が似合いますよ!と、こうなるわけですが…楽しめるカラーバリエーションの幅が狭くなります…

カウンセリングで過去一度でもカラーリストの肩書きがある美容師さんに言われるとお客様もその幅の狭いカラーバリエーションの中からしか選択しなくなる傾向があります…なんて勿体無いことでしょう?…もっといろいろ楽しめるのに…色だけに(笑)

上記に書き出した、特定の色を好む人の性格傾向は云ってしまえば色彩≒性格です。

性格的に○○色を好む!という統計でしたが、逆に○○色を選択すると心理的変化が起きます…なので色彩≒性格なのです。

 どうすればいいかといえば補色を使う!!

もう一度上記に書き出した色と性格を見てください…

ブルーとオレンジ…冷静と陽気

ヴァイオレットとイエロー…神秘的と快活

グリーンとレッド…平和と闘争

正に反対…補色と相関しますよね^^

 こんな考え方もありかな?…

と思った人はポチっ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

史上最強カラー図解 色彩心理のすべてがわかる本

新品価格
¥1,680から
(2013/7/20 19:51時点)

WECO BASE BLOG 美容仕向けケミカルブログ

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

 - 非言語 , , , ,